Think less, Feel more

移りゆく日常とあらわれては消えゆく思いの記録

11/28 夜中のチョコレート

f:id:linopadmaria:20171201110003j:image

午後遅い時間に帰宅して、少しずつ夕方の気配が満ちて来る部屋でぼんやりしていた。寂しいような、安心しているような、不思議な感じ。先の事ばかり思う。今がないがしろなわたし。違う違うと叫びながら、一歩踏み出す勇気がないのだ。

夜になってからまた外出して、疲労感を感じながら23時に戻り、どうにも欲望を抑えられず、真夜中にカフェオレとチョコレートを喫する。

カフェオレはほの甘く苦く、夜中のチョコレートは背徳の甘さ。なのに贅沢をしているような気持ちになる。