Think less, Feel more

移りゆく日常とあらわれては消えゆく思いの記録

雨の小田原城に紫陽花を見に行く。

小田原城あじさい花菖蒲まつりが17日までということで、雨の紫陽花を見たくて行って来た。

しんしんとお濠に降る雨の音が優しい、平日の朝9時半過ぎ。

f:id:linopadmaria:20180618222920j:plain

目論見通り、人出は少ない。ゆっくり見れそう。

f:id:linopadmaria:20180618223849j:plain

花菖蒲は終わりかけ、って感じ。それでも楚々として美しい。

f:id:linopadmaria:20180618224006j:plain

雨で紫陽花が生き生き。

斜面の紫陽花の間を縫って歩きたかったけれど、それは出来ないつくりでした。

f:id:linopadmaria:20180618224318j:plain

お城の崩れた石垣を埋めるようにして天に伸びる。

f:id:linopadmaria:20180618224606j:plain

花の下で蜘蛛が雨宿りしてました。 iPhone8のカメラでは限界がありますね。。。

f:id:linopadmaria:20180618224837j:plain

鎌倉の紫陽花に較べたら地味ですが、若い紫陽花なのでこれから育って年々良い感じになって行くんじゃないでしょうか。

欲を言えば、もっと種類が多ければいいのにな〜

f:id:linopadmaria:20180618225113j:plain

帰り道、梅林から良い匂い。梅がなってました。

f:id:linopadmaria:20180618230528j:plain

梅仕事の季節ですなー

地下街で梅を売っていた農家の方に聞いたら、今年はやっぱり2週間くらい梅の実も早いそうです。

f:id:linopadmaria:20180618230835j:plain

熟した梅の実が落ちて良い香りをさせているのでした。

 

今年は小田原の紫陽花を堪能出来ました。

来年はもっと色んな場所に行きたいな、、行けるようになっているといいな、、いや行くぞ〜