Think less, Feel more

移りゆく日常とあらわれては消えゆく思いの記録

1/17 冬の土用入り。

f:id:linopadmaria:20180118204147j:plain

昨日とは打って変わってどんより天気。雨風が強くなって向かい風に傘がおちょこになりそう。灰色の雲が広がる空にはうっすら丸く太陽が透けて見える。曇り空でも海の色はブルーグリーンの濃淡で美しく、雨に打たれながら見入ってしまった。

数日前の刺すような冷たさはなく、生暖かい。冬の終わりのような空気感。

ランチの場所の選択を間違ってしまった、山羊座新月の日だ。

新月の時間が午前11:18。パワーウィッシュを落ち着いて書きたくてなぎさ橋珈琲に行くつもりだったのに、のんびり支度をしていたものだから時間がなくなり、結局逗子駅前のコーヒー屋へ。これが間違いだった。チーズサンドは期待はずれ。席は狭苦しく、息苦しい。隣に老夫婦が来て座り、会話の内容が聞こえてきて苦痛。何よりすぐ隣に人の身体が近いのがとてもとても息苦しい。

それでも見えないようにいくつかパワーウィッシュを書く。ストレスで汗がたくさん出て来て困った。やっと老夫婦が席を立つも、息苦しさは変わらない。場所の選択を間違った。朝から軽く頭痛があるのだけれど、それがさらに増して苦しい。

落ち着いて集中できなかった。狭苦しい場所がやっぱり苦手だ。ここはコーヒーも好みの味ではなく、美味しくなかった。香りもないし。。。もうこの店を利用するのは止めよう。仕事前に一息入れたいときは、別のお店に行こうと固く決意する。

最近は小さなラッキーが続いている。今日はMさんがNZランド産の無塩バターをくれた。先週はYちゃんがお年賀だと言ってわたし好みの手ぬぐいをくれたし、別のYさんは自宅で採れた無農薬の柚子を山盛り一杯くれた。嬉しいなあ。満面の笑みで受け取る。

今年の初夢はビリジアン色の葉っぱがたくさん生い茂る大き目の木に黄色の果実がたわわに実っていたり、正面から太陽の光を浴びて眩しいけど綺麗、と感じたりした。なんとなく幸運の予感がする夢だった。

今年は新月と満月のパワーウィッシュも毎月楽しんでやりたい。

和暦では今日から師走、年内立春だ。そして今日から冬の土用入り。1年で4回ある土用で一番キツい。この時期に部屋を片付けて、気になっているところを片付けて整理整頓して、体調も整えよう。明日から。笑

***

日曜が極寒だったので今日は厚着をして来て、大不正解。こんなに暖かいなんて。。。ストーブも途中で消したくらいだ。状況を正確に的確に判断できなくなっている。ゆとりがない証拠だな。整理しよう、何もかも。コツコツと。山羊座新月に、そう誓う。

 

 

 

 

11/29 小春日和

f:id:linopadmaria:20171228011249j:plain

ぽかぽかと暖かい日。海も穏やかで、もう少し早く家を出れば良かったな、と軽く後悔。外出するのに気持良い日なので、クラスには後からどんどん人が増えて満員に。嬉しいなあ、ありがとうございます!と今日も心の中で手を合わせる。

葉山にこんなに縁が出来るとは思っていなかった。むかーし、彼氏とドライブで何度も通ったことはあったけれど、その当時は「こんな不便そうなところに住んでる人がいるんだなあ」なんて思ってた。。ピンヒール以外は靴じゃないって信念を持ってたあの頃。笑えるわ。価値観って変わるよね。今じゃ葉山LOVEだし、ピンヒールは靴箱の中でもう何年も眠りについてるし。

水曜日は好きだ。明日が休みっていう開放感がある。トートバッグの中からはFIVE BEANSで買ったばかりの珈琲豆の微かな香りがする。クラスの後、のんびり歩いていつものmy power スポットへ。

f:id:linopadmaria:20171228012803j:plain

小磯の鼻の先に座って珈琲を飲みながら染まりゆく海と空を眺めていた。今日の日が暮れて行く。建設的なことを何もせず今日一日が終わってしまうような変な焦りがあって、それを感じていた。感じていたら答えが分かりそうな気がしたのだけど、気がつくと全く違うことを思っていたりして、ああわたしは何て凡人なんだろうと笑ってしまう。

すこし離れた場所に椅子に座り、まるで自宅のリビングのように寛いでいるオジさんがいた。小さなテーブルにはハンドドリップで珈琲を淹れるセットが置いてあって、自分空間を作っていていいなあと思った。車があればなあ。

 

 

11/28 夜中のチョコレート

f:id:linopadmaria:20171201110003j:image

午後遅い時間に帰宅して、少しずつ夕方の気配が満ちて来る部屋でぼんやりしていた。寂しいような、安心しているような、不思議な感じ。先の事ばかり思う。今がないがしろなわたし。違う違うと叫びながら、一歩踏み出す勇気がないのだ。

夜になってからまた外出して、疲労感を感じながら23時に戻り、どうにも欲望を抑えられず、真夜中にカフェオレとチョコレートを喫する。

カフェオレはほの甘く苦く、夜中のチョコレートは背徳の甘さ。なのに贅沢をしているような気持ちになる。